出来立てが美味しいのは

てんぷら花三昧(はなざんまい)の天ぷらは揚げたてなのは勿論、
そのあともずっと"美味しい"が続く天ぷらです。
当店では、厳選した食材を使用し、その素材の旨味を閉じ込めるこだわりの調理法で
一つ一つ丁寧にお作りしています。
見極めるのは"音"。美味しく揚げるポイントを一瞬たりとも逃がさないよう、
職人は音の変化に耳を凝らします。
その見極めは天ぷらの仕上がりを大きく変え、揚げたての時だけでなく、冷めても衣のサクサク感と
素材の旨味が閉じ込められたままの美味しい逸品に。
優しく上品な口当たりで、素材の風味や旨味が口の中に広がる当店の天ぷらをご堪能ください。

至福の職人技

シンプルな調理法の天ぷらだからこそ、
素材と向き合うことを大切にしております。
素材の持つ芳醇な風味、水分、旨味全てを引き出し、
絶妙な揚げ加減に仕上げるのは、長年天ぷらと
向き合ってきた職人ならではの技。
野菜、魚介など、食材により
扱い方も調理法も異なります。
美味しく召し上がっていただけるように
心を込めてお作りしております。

想いを込めて一つ一つ

調理シーン

調理シーン粉

味の濃い卵黄を衣に入れることで食材にコクを加え、
旨味をさらに引き立たせます。
食べた後に胃もたれしない当店の天ぷらは、
粉や衣の配合にも徹底的にこだわっております。
天ぷらは、素材をよく知ることが重要。
素材と対話することで美味しい天ぷらに仕上がります。

調理シーン揚

調理シーン衣

独自のブレンド油

どうしたら天ぷらをより美味しく提供できるのか。
その答えは素材や衣、揚げ方と同じく大切な「油」にあります。
当店はコーン油とサラダ油を使用し、
サクサクと軽い口当たりで上品に仕上げております。
素材の持ち味をしっかりと引き出すことが
美味しさの要です。
独自に配合した油は天ぷらをより美味しく、
より味わい深くします。

一度口に入れると

素材により揚げ方を変え、
美味しく味わえるようにご提供しております。
例えば、根菜類はじっくりと火を通すことで甘みを
引き出します。
また天ぷらのメインである海老は、その水分を
逃がすことなく、旨味を
閉じ込めるようにして揚げております。
サクサクの衣の中に詰まった素材の美味しさを
ご堪能ください。

厳選した旬の食材を

野菜

魚介2

当店は新鮮な旬の食材を使用しております。
野菜は徳島のものを中心に
京野菜も取り入れることで上品に。
魚介は市場に毎朝出向き、
プロの目利きで仕入れる
活きの良い品だけを使っております。

魚介

エビ

アシアカエビ
海老は老若男女に愛される天ぷらの花形。
天ぷらにはクルマエビがよく使われますが、
当店ではアシアカエビを主に使用しております。
国産ものはほとんど流通しておらず、
プリプリとした食感と、
濃厚な甘みが地元の方に広く愛されている
貴重な海老です。

お品書きはこちら

最上部へ